雌花(読み)めばな

精選版 日本国語大辞典 「雌花」の意味・読み・例文・類語

め‐ばな【雌花】

〘名〙 植物単性花で、雌しべはあるが、雄しべがないか、または退化した花。イチョウカボチャなど。しか。⇔雄花
※植物小学(1881)〈松村任三訳〉六「又雄蕊のみを具ふるものを雄花(をばな) 俗に『あだばな』と謂ふ と謂ひ雌蕊のみを具ふるものを雌花(メバナ)と謂ふ」

し‐か ‥クヮ【雌花】

〘名〙 植物の雌の花。雌しべはあるが、雄しべはないか、または退化している。イチョウ、カボチャなど。めばな。〔植物学語鈔(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「雌花」の意味・読み・例文・類語

め‐ばな【雌花】

単性花で、雌しべのつく花。雄しべはないか、あっても退化している。しか。⇔雄花おばな
[類語]しべ花蕊かずい花心雌蕊めしべ雄蕊おしべ雄花子房柱頭花粉受粉

し‐か〔‐クワ〕【雌花】

めばな」に同じ。⇔雄花ゆうか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「雌花」の読み・字形・画数・意味

【雌花】しか

雌しべ。

字通「雌」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典(旧版)内の雌花の言及

【花】より

…(4)花葉が退化して痕跡的になったり,消滅する。すなわち,おしべとめしべをもった両性花から,おしべが退化すれば雌花に,めしべが退化すれば雄花になって単性花となる。(5)花被は多輪生(タイサンボクは三または四輪生)から,多くは萼(外花被)と花冠(内花被)からなる二輪生,さらに一輪生となった単花被花(クワ,グミ,キク)や花被をもたない無花被花(ヤマグルマ)まであり,おしべが花弁化すると八重咲きとなる。…

※「雌花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android