コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雌花 シカ

大辞林 第三版の解説

しか【雌花】

めばな【雌花】

一つの花に雌しべのみが発達し、雄しべがないか、あっても退化している花。しか。 ↔ 雄花おばな

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の雌花の言及

【花】より

…(4)花葉が退化して痕跡的になったり,消滅する。すなわち,おしべとめしべをもった両性花から,おしべが退化すれば雌花に,めしべが退化すれば雄花になって単性花となる。(5)花被は多輪生(タイサンボクは三または四輪生)から,多くは萼(外花被)と花冠(内花被)からなる二輪生,さらに一輪生となった単花被花(クワ,グミ,キク)や花被をもたない無花被花(ヤマグルマ)まであり,おしべが花弁化すると八重咲きとなる。…

※「雌花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雌花の関連キーワードアレチウリ(荒地瓜)トキホコリ(時繁)ムカゴイラクサ仮雄蕊・仮雄蘂コウゾ(楮)セラトザミアヒッコリー蒲・香蒲衝羽根樫雌雄異熟しおくぐ蒲の穂綿雌雄異花杯状花序雌雄同花雌雄同株雌雄異株石菖藻雌・牝行李柳

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雌花の関連情報