雌花(読み)めばな

精選版 日本国語大辞典「雌花」の解説

め‐ばな【雌花】

〘名〙 植物の単性花で、雌しべはあるが、雄しべがないか、または退化した花。イチョウ、カボチャなど。しか。⇔雄花
※植物小学(1881)〈松村任三訳〉六「又雄のみを具ふるものを雄花(をばな) 俗に『あだばな』と謂ふ と謂ひ蕊のみを具ふるものを雌花(メバナ)と謂ふ」

し‐か ‥クヮ【雌花】

〘名〙 植物の雌の花。雌しべはあるが、雄しべはないか、または退化している。イチョウ、カボチャなど。めばな。〔植物学語鈔(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「雌花」の解説

【雌花】しか

雌しべ。

字通「雌」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の雌花の言及

【花】より

…(4)花葉が退化して痕跡的になったり,消滅する。すなわち,おしべとめしべをもった両性花から,おしべが退化すれば雌花に,めしべが退化すれば雄花になって単性花となる。(5)花被は多輪生(タイサンボクは三または四輪生)から,多くは萼(外花被)と花冠(内花被)からなる二輪生,さらに一輪生となった単花被花(クワ,グミ,キク)や花被をもたない無花被花(ヤマグルマ)まであり,おしべが花弁化すると八重咲きとなる。…

※「雌花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android