コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨滴跡 うてきあとraindrop impression, rain print

1件 の用語解説(雨滴跡の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

雨滴跡

軟らかい泥質の堆積物の表面に形成され,固化した地層に保存されている凹形の跡[Grabau : 1920].軟泥の表面に降った雨滴によって生じた5mm内外の小さい丸い穴[木村ほか : 1973].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone