コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲夢沢 ウンボウタク

大辞林 第三版の解説

うんぼうたく【雲夢沢】

古代中国で湖北省の武漢一帯にあったとされる大湿地。のち、長江と漢水が沖積して平原となった。武漢付近に散在する湖沼はその跡。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の雲夢沢の言及

【湖北[省]】より

…比較的大きな湖は洪湖,梁子湖,黄塘湖,張渡湖,(ちようさ)湖などである。これらの湖は古代の大湖である雲夢沢のなごりで,現在では天然の遊水池として,長江,漢水の増水を蓄えるのに活用されている。 三峡を通り本省の平野部に流入する長江は,勾配が急に減少するため,泥砂の堆積が激しく,河道は大きく蛇行し,夏から秋にかけての増水期にははんらんしやすかった。…

※「雲夢沢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雲夢沢の関連キーワードリヤンフー(両湖)平原トンティン(洞庭)湖湖北(省)湖広平野野干平原漢水沖積長江

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android