コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湖南 コナン

4件 の用語解説(湖南の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こなん【湖南】

中国、中南部の省。省都は長沙(ちょうさ)揚子江中流の南部を占める。洞庭(どうてい)湖があり、湘江が流れる。米の大産地で、桐油・茶なども産し、養豚も盛ん。人口、6326万(2005)。湘。フーナン。
滋賀県南部、野洲(やす)川中流にある市。東海道五十三次石部(いしべ)宿があった。平成16年(2004)石部町、甲西(こうせい)町が合併して成立。人口5.5万(2010)。
琵琶湖の南側の地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こなん【湖南】

琵琶湖の南側一帯の地。
滋賀県南東部、野洲やす川中流域にある市。古くは近江と伊勢を結ぶ伊勢参宮街道として栄え、石部は江戸時代の東海道五十三次の五一番目の宿場町。名神高速道路の開通後、工業団地が進出。宅地化も進む。
中国、長江中流の南にある省。北部に洞庭湖がある。温暖・湿潤で、米作を中心とする農耕地帯。アンチモン・水銀など地下資源も豊富。省都、長沙ちようさ。別名、湘しよう。フーナン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔滋賀県〕湖南(こなん)


滋賀県南部、琵琶(びわ)湖南岸の地方名。湖北(こほく)に対する。大津(おおつ)市(中心市街地以南)・草津(くさつ)市・守山(もりやま)市・野洲(やす)市・栗東(りっとう)市・湖南(こなん)市に加え、甲賀(こうか)市の西部を含む。県人口の約半数を占める行政・経済の中心地。JR東海道本線・東海道新幹線や名神(めいしん)高速道路などが通じる要衝で、京阪神地方との結びつきが強い。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湖南の関連キーワード海南湖北安徽甘粛広東貴州四川省都長沙遼寧

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

湖南の関連情報