コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湖北 こほく

7件 の用語解説(湖北の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湖北
こほく

滋賀県北部,長浜市中南部の旧町域。琵琶湖北東岸に位置する。1955年小谷村と速水村が合体し町制,1956年朝日村と合体。2010年長浜市に編入。対岸の葛籠尾崎(つづらおざき)東半部に飛び地があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こ‐ほく【湖北】

湖の北。日本では多く、琵琶湖の北の地をさす。

こほく【湖北】

中国中部の省。省都は武漢洞庭(どうてい)湖の北方、揚子江漢水の流域にある。春秋戦国時代の地。米・綿花・鉄の大産地。フーペイ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こほく【湖北】

湖の北。日本では多く琵琶湖の北、中国では洞庭湖の北の地をいう。

こほく【湖北】

中国、長江中流域を占める省。米・綿花の産出が多い。鉄鉱・石炭などの地下資源も豊富。省都、武漢。別名、鄂がく。フーペイ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔滋賀県〕湖北(こほく)


滋賀県北東部の地方名。湖南(こなん)に対する。琵琶(びわ)湖北東岸と姉(あね)川流域を含み、東は伊吹(いぶき)山地に限られる。長浜(ながはま)市・米原市にほぼ相当する。冬季に積雪量が多く、気候や文化は北陸(ほくりく)地方と共通する点が多い。中心都市は長浜市で、繊維工業が盛ん。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湖北
こほく

滋賀県北部、東浅井(ひがしあざい)郡にあった旧町名(湖北町(ちょう))。現在は長浜市の西南部に位置する地域。1955年(昭和30)小谷(おだに)、速水(はやみ)の2村が合併、町制を施行して成立。1956年朝日村を編入。2010年(平成22)東浅井郡虎姫(とらひめ)町、伊香(いか)郡高月(たかつき)町、木之本(きのもと)町、余呉(よご)町、西浅井(にしあざい)町とともに長浜市へ編入。琵琶湖(びわこ)北部に位置し、北東部は山地であるが、地域の大部分は高時川の扇状地性平野である。中世の速水荘(しょう)の地で、戦国時代は小谷城(国指定史跡)を本拠とする浅井氏が支配した。JR北陸本線、国道8号、365号(北国脇往還(わきおうかん))が南北に走る。典型的な水田単作地帯であったが、近年は麦、大豆などの転作農業も盛んである。湖岸の尾上(おのえ)港ではアユ漁などが行われる。尾上には野鳥センターと琵琶湖水鳥・湿地センターがあり、付近はオオヒシクイ(天然記念物)の南限越冬地として知られる。また近くに尾上温泉がある。[高橋誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湖北の関連キーワード湖南滋賀県湖南市雨山滋賀県湖南市石部西滋賀県湖南市岩根滋賀県湖南市下田滋賀県湖南市西寺滋賀県湖南市針滋賀県湖南市東寺滋賀県湖南市平松辻湖南

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

湖北の関連情報