コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武漢 ブカン

5件 の用語解説(武漢の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶかん【武漢】

中国、湖北省の省都。武昌漢陽漢口の3市が1949年に統合されて成立。漢水揚子江の合流点に位置し、古来水上交通の要地。工業が盛ん。人口、行政区831万(2000)。ウーハン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

武漢【ぶかん】

中国,湖北省の省都。1949年,長江漢水の合流点に位置する武昌・漢陽・漢口(武漢三鎮)の3都市が合併し,中央直轄市となった。1954年省轄市となり,漢水鉄橋が完成して,漢口と漢陽が結ばれ,1957年長江の武漢大鉄橋が完成し,武昌と漢陽が結ばれ,3都市が一体となった。
→関連項目漢陽湖北[省]中華人民共和国老河口

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぶかん【武漢 Wǔ hàn】

中国,湖北省東部の都市で省都。人口449万(1994),面積2746km2。長江(揚子江)と漢江の合流点に位置し,武昌,漢陽,漢口の3都市を合併して成った。古くはこの三つを併せて武漢三鎮と称され,交通の要衝でもあったので群雄必争の地となった。清末張之洞の努力で近代都市の基礎が固められ,新中国成立後,1957年には武漢大鉄橋の完成や,武漢鉄鋼コンビナートの建設により,華中における一大工業基地として発展している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶかん【武漢】

中国、湖北省の省都。漢水と長江との合流点にあり、水陸交通の要衝。武昌・漢口・漢陽が合併して成立。大鉄鋼コンビナートがある。ウーハン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武漢
ぶかん / ウーハン

中国、湖北省中東部にある省直轄市で同省の省都。長江(ちょうこう/チャンチヤン)(揚子江(ようすこう))と漢水との合流点に位置する同省の政治、経済、文化、交通の中心地である。13市轄区を管轄し、人口749万1943(2000)。長江右岸の武昌(ぶしょう/ウーチャン)、漢水右岸の漢陽(かんよう/ハンヤン)、同左岸の漢口(かんこう/ハンコウ)の3都市が統合されたもので、古くは武漢三鎮と称した。また「九省之会」(9省から交通路の集まる所)ともいわれ、水陸交通路が集中する交通の要衝であり、兵馬必争の地でもあった。
 武昌は明(みん)・清(しん)代の武昌府の治所で政治都市的色彩が強く、1911年の辛亥(しんがい)革命の発火点となり(武昌蜂起(ほうき))、現在も省人民政府が置かれている。漢口は旧称を夏口とよび、古くからの交通、商業の中心地で、アヘン戦争以後は長江水運の要地として開港され、外国租界が設けられたこともある。1927年に漢口特別市(29年に一時武漢特別市)が設けられたが、31年に普通市に改められた。漢陽は清代に漢陽府の治所となり、隋(ずい)代に漢陽県となった。1949年この三鎮を合併して武漢市が成立した。
 解放前は商業が主で、清末に創立された漢陽の製鉄所や兵工廠(へいこうしょう)があったものの、活発な生産活動はみられなかった。解放後、武昌南東部の青山区に大型鉄鋼コンビナートが建設されたのをはじめ、機械、造船、化学、石油化学、電子、紡績などの工業が立地し、漢口には肉類加工コンビナートもある。20世紀初頭に京漢鉄道(北京(ペキン)―漢口)が完成、ついで粤漢(えっかん)鉄道(武昌―広州)が通じ、北京と広州を結ぶ交通動脈の中継地となった。さらに1957年、武漢長江大橋が完成し、両鉄道は一本化して京広鉄道と名称を変え、北京―広州の直通運転が可能となった。同大橋は漢陽の亀山(きざん)と武昌の蛇山(だざん)の間に位置し、長江に最初に架けられた鉄道と車道の二層式鉄橋である。その後、漢丹鉄道(武漢―丹江)、重慶(じゅうけい/チョンチン)に達する支線の襄渝(じょうゆ)鉄道、九江(きゅうこう/チウチヤン)に達する武大・大沙鉄道も通じている。また漢口東部に第二長江大橋が架設されている。水運は古くから盛んで、長江、漢水はもちろん、それらの河川を経由して湘江(しょうこう)などに通じる汽船も就航している。とくに長江の増水期には1万トン級の航洋船舶が漢口まで遡航(そこう)し、重慶へは3000トン級の船が就航している。高等教育・科学研究機関も多く、武昌の珞珈山麓(らくがさんろく)にある武漢大学は、1913年設立の武昌高等師範学校に由来する総合大学である。付近には華中工学院、華中師範大学、測絵(測量・製図)学院などもある。辛亥革命から国共合作にかけての革命史跡も多く、景勝地東湖公園には戦国時代の楚(そ)の詩人屈原(くつげん)の記念館がある。[河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の武漢の言及

【漢口】より

…中国,湖北省東部の大都市。武昌,漢陽とともに武漢市を形成し,いわゆる武漢三鎮の一つである。漢水が長江(揚子江)に流入する北岸に位置する。…

【漢陽】より

…中国,湖北省東部の重要都市。漢水が長江(揚子江)に流入する南岸にあり,いわゆる武漢三鎮の一つ。現在は武昌,漢口とともに武漢市となっている。…

【武昌】より

…中国,湖北省東部の都市。漢陽,漢口とともに武漢市を形成し,湖北省の省都である。漢水河口の対岸,長江(揚子江)の東岸に位置する。…

※「武漢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

武漢の関連キーワード青海荊州湖北省湖北四川省武昌開灤アーミド大冶トゥチャ族(土家族)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

武漢の関連情報