雷三日(読み)カミナリミッカ

デジタル大辞泉の解説

かみなり‐みっか【雷三日】

夏に雷が発生すると、3日ほど続くということ。上空寒気の動きが遅く、雷雲の発生しやすい状態が続くことによる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

雷三日

雷が発生すると三日ぐらい続くということ。大気の状態を不安定にさせ、積乱雲を発達させる上空の寒気の動きが遅いのが原因。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

かみなりみっか【雷三日】

いったん、雷が発生すると、しばらく続くことのたとえ。上空の寒冷低気圧の動きが遅く、大気の不安定な状態がしばらく続くことが原因。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android