寒気(読み)カンキ

  • さむけ

デジタル大辞泉の解説

寒さ。寒さの程度。また、冷たい空気。「寒気がゆるむ」「寒気にさらされる」 冬》
寒さ。かんき。
病気による発熱や恐怖感・嫌悪感などのために、不愉快な寒さを感じること。悪寒(おかん)。「寒気がする」「寒気を覚える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

体が冷え、ぞくっと震えることで、医学的には悪寒(おかん)という。赤痢、しょうこう熱、ジフテリアなどの急性感染症や、マラリア、腎盂(じんう)炎、胆石症などの急激な体温上昇発作の際にみられる。皮膚の血管が収縮するため、非常な寒さを感ずるとともに、皮膚の粟粒(ぞくりゅう)、すなわち鳥肌を生じ、歯をガタガタと鳴らし、全身の震え、戦慄(せんりつ)を呈する状態となる。したがって、発熱の仕方の一種として悪寒戦慄ということばが用いられる。この状態は5~15分程度持続し、また繰り返しておこることもある。感染や炎症によって産生された毒素の吸収により、また病原体が血液中に侵入する刺激などにより、おこるといわれている。さらに輸血や薬剤の静脈注射のあとにおこることも経験的に知られている。

[渡辺 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 寒く感じられる気配。また、寒さの程度。寒さ。寒け。《季・冬》
※懐風藻(751)贈旧識〈石上乙麻呂〉「霜花逾入鬢、寒気益顰眉」
※太平記(14C後)一二「寒気(カンキ)(はだへ)を侵し」 〔礼記‐月令〕
〘名〙
① 寒さの程度。寒さ。かんき。
※御伽草子・七草ひめ(室町時代物語大成所収)(室町末)下「もっての外かの、さむけなれば、さだめて大ゆきふるべし」
② 病気または恐怖などのために、からだに不愉快な寒さを感じること。また、その感じ。悪寒(おかん)
※玉塵抄(1563)三「るりのひえたをみて雪氷とおもうてさむけがたったと云ぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寒気の関連情報