コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒気 カンキ

デジタル大辞泉の解説

かん‐き【寒気】

寒さ。寒さの程度。また、冷たい空気。「寒気がゆるむ」「寒気にさらされる」 冬》

さむ‐け【寒気】

寒さ。かんき。
病気による発熱や恐怖感・嫌悪感などのために、不愉快な寒さを感じること。悪寒(おかん)。「寒気がする」「寒気を覚える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんき【寒気】

寒さ。寒さの度合。 ↔ 暑気 「 -がゆるむ」

さむけ【寒気】

病気や恐ろしさなどのために、不快な寒さを感じること。悪寒おかん。 「風邪を引いたのか-がする」 「 -を覚える」
寒さ。寒気かんき

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寒気
さむけ

体が冷え、ぞくっと震えることで、医学的には悪寒(おかん)という。赤痢、しょうこう熱、ジフテリアなどの急性感染症や、マラリア、腎盂(じんう)炎、胆石症などの急激な体温上昇発作の際にみられる。皮膚の血管が収縮するため、非常な寒さを感ずるとともに、皮膚の粟粒(ぞくりゅう)、すなわち鳥肌を生じ、歯をガタガタと鳴らし、全身の震え、戦慄(せんりつ)を呈する状態となる。したがって、発熱の仕方の一種として悪寒戦慄ということばが用いられる。この状態は5~15分程度持続し、また繰り返しておこることもある。感染や炎症によって産生された毒素の吸収により、また病原体が血液中に侵入する刺激などにより、おこるといわれている。さらに輸血や薬剤の静脈注射のあとにおこることも経験的に知られている。[渡辺 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

寒気の関連キーワードコールド・ドームシベリア高気圧しょうこう熱低気圧と台風寒冷低気圧帯状対流雲生薑味噌北極振動鳥海玄達不偏気団沿岸前線凍り蒟蒻凍り蕎麦寒冷適応閉塞前線温暖前線骨を刺す離岸距離寒冷前線寒気舌

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寒気の関連情報