コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子常磁性共鳴 でんしじょうじせいきょうめいelectron paramagnetic resonance

2件 の用語解説(電子常磁性共鳴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電子常磁性共鳴
でんしじょうじせいきょうめい
electron paramagnetic resonance

EPRと略記する。常磁性体における電子スピン共鳴で,常磁性共鳴とも呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の電子常磁性共鳴の言及

【電子スピン共鳴】より

…物性測定のための磁気共鳴吸収法の一種で,ESRと略称する。電子常磁性共鳴と同義に使われる。直接的な測定対象は,電子スピンの磁気モーメントであるが,その挙動を通じて,不対電子をもつ原子,分子,および固体の電子状態に関する知見を得ることができる。…

※「電子常磁性共鳴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

電子常磁性共鳴の関連キーワード拡大生産者責任EPR思考実験原子力ルネサンス原発メーカー量子テレポーテーションEPRの逆説ベルの不等式ESR拡大生産者責任

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone