コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電算写植 でんさんしゃしょく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

電算写植

コンピューターを利用した写植組み版、およびシステム。テキストデータと文字組みの指定をディスプレイで確認して入力し、自動写植機で印字する。DTPが普及する以前から使われており、現在は併用されることが多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

世界大百科事典内の電算写植の言及

【写真植字機】より

…これを能率化するため,写真植字機とコンピューターとを組み合わせた電算植字法computer type‐setting(略称CTS)が開発され,目ざましい発展を遂げている。電算写植,コンピューター写植とも呼ばれ,フォトン,サプトンなどのシステムはこの一種である。電算植字機の基本的な機構は次のようなものである。…

※「電算写植」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

電算写植の関連キーワードコンピューター組版コンピュータ組版コンピューター東洋インキ製造信濃毎日新聞電算植字フォントモリサワ写真植字CTS活字電算

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android