露の世(読み)つゆのよ

精選版 日本国語大辞典「露の世」の解説

つゆ【露】 の 世(よ)

えやすいようにはかないこの。無常の世の中。
※一条摂政集(961‐992頃)「あくるまもひさしてふなるつゆのよにかりの心もしらじとぞ思ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「露の世」の解説

つゆ‐の‐よ【露の世】

消えやすい露のように、はかないこの世。
「ややもせば消えを争ふ―におくれ先立つ程へずもがな」〈・御法〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android