露の世(読み)ツユノヨ

デジタル大辞泉の解説

つゆ‐の‐よ【露の世】

消えやすいのように、はかないこの
「ややもせば消えを争ふ―におくれ先立つ程へずもがな」〈・御法〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

つゆ【露】 の 世(よ)

露の消えやすいようにはかないこの世。無常の世の中。
※一条摂政集(961‐992頃)「あくるまもひさしてふなるつゆのよにかりの心もしらじとぞ思ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報