露の世(読み)つゆのよ

精選版 日本国語大辞典「露の世」の解説

つゆ【露】 の 世(よ)

えやすいようにはかないこの。無常の世の中。
※一条摂政集(961‐992頃)「あくるまもひさしてふなるつゆのよにかりの心もしらじとぞ思ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「露の世」の解説

つゆ‐の‐よ【露の世】

消えやすい露のように、はかないこの世。
「ややもせば消えを争ふ―におくれ先立つ程へずもがな」〈・御法〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android