御法(読み)ミノリ

大辞林 第三版の解説

みのり【御法】

仏法。仏の教え。
源氏物語の巻名。第四〇帖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

み‐のり【御法】

[1] (「み」は接頭語)
① 上位の者からの命令、おきて、法令を尊んでいう語。
※万葉(8C後)一六・三八〇九「商(あき)変し領(を)すとの御法(みのり)あらばこそ吾が下衣返したまはめ」
② 仏法を尊んでいう語。また、仏事経文読経など、広く仏教に関する事柄を尊んでいう。
書紀(720)欽明一三年一〇月(寛文版訓)「教(ミノリ)に依て奉持(うけたも)て尊敬(たうた)びずといふこと無し」
[2] 「源氏物語」第四十帖の名。光源氏五一歳の三月から秋まで。健康の思わしくない紫上は出家を望むが源氏は許さない。法華経千部供養の法華八講ののち、紫上は衰弱がひどく、八月一四日に病没する。源氏は自失し、夕霧が葬送万端をとりしきる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御法の関連情報