コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御法 ミノリ

デジタル大辞泉の解説

み‐のり【法】


仏法を尊んでいう語。
法令を尊んでいう語。
「商(あき)返し領(を)すとの―あらばこそ吾が下衣返したまはめ」〈・三八〇九〉
源氏物語第40巻の巻名。光源氏51歳。紫の上の法華経供養と、その死などを描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みのり【御法】

仏法。仏の教え。
源氏物語の巻名。第四〇帖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御法の関連キーワードおどろおどろしい日本料理法大全尭胤法親王梶井宮尭胤小松 景和野分き立つ目もすまに二条昭実動もせば掛け留む書き遣る死に入る空を歩む限りの事家を出ずややまし御戒名料雪の山神當流六方者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android