コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

露は尾花 つゆはおばな

大辞林 第三版の解説

つゆはおばな【露は尾花】

端唄・うた沢・小唄の曲名。歌詞は「露は尾花と寝たという、尾花は露と寝ぬという、あれ寝たという、寝ぬという、尾花が穂に出てあらわれた」というもので、ほかに替え歌が多くあり、歌舞伎の世話だんまりに下座唄としてよく用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android