コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青唐王国 せいとうおうこく Qing-tang-wangguo; Ch`ing-t`ang-wang-kuo

1件 の用語解説(青唐王国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青唐王国
せいとうおうこく
Qing-tang-wangguo; Ch`ing-t`ang-wang-kuo

10~11世紀に青海の西寧 (チベット名ツォンカ) を中心に栄えた小王国。この地方に拠ったチベット人が西夏に対抗して国を統合するため,西チベット (高昌 Shang shung stod) のマルユル (磨楡国ラダック) からこの地に落ち延びていた吐蕃王家の後裔チデ Khri lde (997~1065) をかく厮羅 (かくすら。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青唐王国の関連キーワードチベット語チベット高原玉樹支那チベット諸語チベットヒマラヤ山塊チベット犬青海チベット(青蔵)高原青海チベット鉄道チベット・ビルマ語派チベット種 (Tibet)