コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青表紙本 アオビョウシボン

デジタル大辞泉の解説

あおびょうし‐ぼん〔あをベウシ‐〕【青表紙本】

藤原定家による源氏物語の校訂本。また、その系統の諸本

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の青表紙本の言及

【源氏物語】より

…こうした異本群の混乱を救い統一した形に整えようとしたのが鎌倉初期の藤原定家および,ともに河内守となった源光行(みつゆき)(1163‐1244)・源親行(ちかゆき)父子であった。定家は当時の善本とされた7本をもとに〈青表紙本〉を整定し,光行・親行らはさらに多くの本を参考にして〈河内(かわち)本〉を整定した。前者は簡潔で余情にまさり,後者は文意の通ずることに重きを置いた注釈的本文となった。…

※「青表紙本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青表紙本の関連キーワード源氏物語湖月抄柳橋新誌藤原定家算数教育山路の露河海抄青表紙