コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青表紙本 アオビョウシボン

1件 の用語解説(青表紙本の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あおびょうし‐ぼん〔あをベウシ‐〕【青表紙本】

藤原定家による源氏物語の校訂本。また、その系統の諸本。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の青表紙本の言及

【源氏物語】より

…こうした異本群の混乱を救い統一した形に整えようとしたのが鎌倉初期の藤原定家および,ともに河内守となった源光行(みつゆき)(1163‐1244)・源親行(ちかゆき)父子であった。定家は当時の善本とされた7本をもとに〈青表紙本〉を整定し,光行・親行らはさらに多くの本を参考にして〈河内(かわち)本〉を整定した。前者は簡潔で余情にまさり,後者は文意の通ずることに重きを置いた注釈的本文となった。…

※「青表紙本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone