系統(読み)けいとう

精選版 日本国語大辞典の解説

けい‐とう【系統】

〘名〙
① 一定の順序を追って続いている、統一のあるつながり。とくに、一族の血統。ちすじ。
※日本外史(1827)一「略叙王室相家之系統、以備参観云」
② 同じ方面や種類に属していること。なかま同士であること。
※火の柱(1904)〈木下尚江〉七「露西亜には〈略〉社会革命党あり、彼はバクニンの系統に属するものなり」
③ 個々の事物間にある関係を、一定の原理、法則に従って順序立てて並べたもの。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「何ぞ区々の典籍系統と其長短を争はんや」
④ 生物の各種属の進化の経路や種属間の類縁関係をいう。
⑤ 遺伝学上での共通の祖先をもち、ある形質について遺伝的に等しい個体群。人や家畜では血統といい、微生物では特に菌種という。
⑥ 路面電車やバスなどの路線。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けい‐とう【系統】

一定の順序を追って続いている、統一のあるつながり。「同じ系統の言語」
血統。血筋。「父方の系統
同じ方面や種類に属していること。「青系統の色」
個々のものを順序立てて並べ、全体がひとつながりのものとして機能するようにまとめたもの。システム。「電気系統の故障」「バスの運転系統
働きに応じて分けた身体の器官の集まり。
進化の面からみた生物間のつながり。類縁関係。
遺伝学上、共通祖先をもつ個体群。微生物の場合は菌種ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android