非ベンゼン系芳香族化合物(読み)ひベンゼンけいほうこうぞくかごうぶつ(英語表記)non‐benzenoid aromatic compound

世界大百科事典 第2版の解説

ひベンゼンけいほうこうぞくかごうぶつ【非ベンゼン系芳香族化合物 non‐benzenoid aromatic compound】

ベンゼン核をもたない不飽和環式化合物で芳香族性を有するものの総称。非ベンゼノイド芳香族化合物とも呼ばれる。アズレントロポロンなど中性分子のほかに,シクロペンタジエニルアニオン,シクロヘプタトリエニルカチオン,などイオン種も含まれる。友田 修司】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android