面従後言(読み)メンジュウコウゲン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「書経‐益稷」の「予違汝弼、汝無面従退有後言」から) 人の面前ではこびへつらって服従し、後であれこれあげつらうこと。
※殿村篠斎宛馬琴書簡‐天保三年(1832)七月一日「懇友の中は、思ふよしをいはぬも面従後言の俗友に似てたのもしからず候得者」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android