コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

靴形石斧 くつがたせきふ shoe-last celt

1件 の用語解説(靴形石斧の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

靴形石斧
くつがたせきふ
shoe-last celt

磨製石斧の一種。ヨーロッパ新石器時代初期に,主としてドナウ川流域で用いられた。長く薄い両刃の石斧で,農耕用の鍬か,あるいは木工用の道具とも考えられているが確証はない。断面形が靴の木型に似るところからこう呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

靴形石斧の関連キーワード握斧新石器時代石斧中石器時代磨製石器新石器ヨーロッパロシア刃部磨製石斧磨製石斧ヨーロッパ新秩序

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone