コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

靴形石斧 くつがたせきふshoe-last celt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

靴形石斧
くつがたせきふ
shoe-last celt

磨製石斧の一種。ヨーロッパ新石器時代初期に,主としてドナウ川流域で用いられた。長く薄い両刃の石斧で,農耕用の鍬か,あるいは木工用の道具とも考えられているが確証はない。断面形が靴の木型に似るところからこう呼ばれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

靴形石斧の関連キーワード磨製石斧

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android