コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木型 きがたwooden pattern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木型
きがた
wooden pattern

鋳造用の木材製模型。これを鋳物砂の中に埋め,突き固めて取出したあとに得られる木型と同型の空間に溶融金属を注入・凝固させて鋳物とする。したがって,木型は鋳造の基本となるので,木材にはじょうぶで狂いがなく,加工が容易で,安価なことが要求される。一般には,杉,朝鮮松などが用いられ,精密用には,ヒノキ,マホガニーチーク材などが使用される。形状から,外形を与える主型 (おもがた) と,中空部分を有する鋳物をつくるための中子 (なかご) とに大別される。鋳物は凝固時に収縮するので,実際の製品寸法より木型は大きくつくっておく (→鋳物尺 ) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

き‐がた【木型】

木製の原型。鋳物・陶器・靴などを作るときに用いるものがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きがた【木型】

鋳型いがたを作るときに用いる、木製の型。
木製の型。特に、靴・足袋などを作るときに用いるもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

きがた【木型】

料理や菓子をかたどるのに用いる木製の型。抜き型・押し型などがある。打ち菓子練り切りなどの和菓子や、茶の湯の点心や和食店・仕出しの弁当の飯などに用いる。

出典|講談社食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木型
きがた
wooden patternpattern

鋳型をつくるときに用いる木製の製品模型。普通は上下二つの部分に分けてつくり、それぞれ上型用、下型用に用い、砂を詰めてから模型を抜き取り、上型、下型をあわせて組み立てると、製品の形の空洞をもつ砂型ができる。これに溶融金属を鋳込んで鋳物をつくる。木材は加工しやすく価格も安いので模型としてもっとも多く使われるが、摩耗しやすいので、ヒノキやホオノキを十分乾燥し、また木目を交互に組み合わせ、さらに防湿塗料を塗るなどして寸法の変化を防ぐ。寸法は、金属の凝固後、室温までの収縮を見込み、その分大きくつくっておかねばならない。[井川克也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

木型の関連キーワード打ち菓子・打菓子一閑張り・一閑張越谷張子だるま丸亀市立資料館金花糖/金華糖魔除け飾り面張り子・張子福島だるまはこた人形足形・足型靴型・沓型摸・模・茂張子細工高村光雲菓子木型三春張子靴形石斧御坊人形御所落雁松魚つぶ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木型の関連情報