コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞘絵 サヤエ

デジタル大辞泉の解説

さや‐え〔‐ヱ〕【×鞘絵】

刀のに映し出して見る絵。オランダ人が伝えたもので、ガラス器などに平たく描いてある絵を鞘などに映すとよくわかるようになるというもの。江戸中期に流行

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さやえ【鞘絵】

刀の鞘に映して見る絵。横にひらたく描き、それを蠟ろう塗りなどの鞘に映すと初めて、形の正しい絵に見えるもの。明和・安永(1764~1781)頃流行。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鞘絵の関連キーワードアナモルフォーズ漫画ろう安永明和

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android