コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須屋 スヤ

デジタル大辞泉の解説

す‐や【須屋】

御陵や貴人をつくるときに、工事の間覆いとして設ける仮小屋。御須屋。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すや【須屋】

御陵または貴人の墓の上に、仮に覆いとして設けた建物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の須屋の言及

【組屋】より

…近世初頭,文禄・慶長期(1592‐1615)に活躍した初期豪商の一人。須屋ともいう。まだ家臣団の土着性,独立性が強く,兵農分離が未熟な羽後諸藩と畿内先進地帯を結ぶ中継都市の敦賀,小浜にあって,北国海運の担い手として活動した。…

※「須屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

須屋の関連キーワード岡田八十次(初代)岡田八十次糟屋武則城戸千楯道雪派今川焼星研堂組屋建物霊屋御陵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

須屋の関連情報