貴人(読み)アテビト

デジタル大辞泉の解説

あて‐びと【貴人】

高貴な人。上品な人。貴族
「かかる筋(=男女関係)のもの憎みは―も(下人モ変ワリノ)なきものなり」〈東屋

うま‐ひと【貴人】

身分の高い人。家柄のよい人。きじん。
「あさりする漁夫(あま)の子どもと人は言へど見るに知らえぬ―の子と」〈・八五三〉

き‐じん【貴人】

身分・地位の高い人。きにん。

き‐にん【貴人】

きじん(貴人)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あてびと【貴人】

身分の高い人。貴族。貴人。 「かかる筋の物憎みは、-もなきものなり/源氏 東屋

うまひと【貴人】

身分の高い人。家柄のよい人。 「 -は-どちや/日本書紀 神功

きじん【貴人】

身分の尊い人。官位の高い人。きにん。

きにん【貴人】

きじん(貴人)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あて‐びと【貴人】

〘名〙 高貴な人。上品な人。貴族。
※宇津保(970‐999頃)祭の使「これはみなあて人、すきものども」

き‐じん【貴人】

〘名〙 家柄や身分、地位の高い人。きにん。
※心の闇(1894)〈尾崎紅葉〉三「貴人(キジン)にも痘痕(あばた)のあるあり」

き‐にん【貴人】

〘名〙 家柄や身分、地位の高い人。貴紳。きじん。
※万葉(8C後)一八・四一二〇・題詞「為京之時見貴人及相美人飲宴之日懐儲作歌二首」
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉緒方の塾風「智力思想の活溌高尚なることは、王侯貴人(キニン)も眼下に見下すと云ふ気位で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貴人の関連情報