コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御陵 ゴリョウ

デジタル大辞泉の解説

ご‐りょう【御陵】

天皇・皇后・皇太后・太皇太后の墓。みささぎ。「多摩御陵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

御陵【ごりょう】

(みささぎ)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ごりょう【御陵】

天皇・皇后・皇太后・太皇太后の墓。みささぎ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御陵
ごりょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の御陵の言及

【陵墓】より

…皇室典範第27条には〈天皇,皇后,太皇太后,皇太后を葬る所を陵,その他の皇族を葬る所を墓〉と定義する。(1)陵 〈みささぎ〉と読み,御陵(ごりよう),山陵(さんりよう)ともいわれ,各陵には陵名が付けられている。現在の陵は歴代天皇121名111陵のほかに,北朝の天皇,皇后,中宮,天皇または太上天皇の称号をおくられた者,皇后,皇太后,太皇太后の称号をおくられた者,神代3代など82名の74陵がある。…

※「御陵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

御陵の関連キーワード京都府京都市伏見区桃山町古城山高知県高岡郡越知町大津市歴史博物館新潟県佐渡市真野ファーマフーズ大林 芳五郎天皇の杜古墳京都薬科大学誉田宗庿縁起谷森 真男若しくは白峰神宮大沢清臣長尾名鳥藤原顕雅熊沢惟興北浦定政多摩御陵藤堂平助安楽寿院

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御陵の関連情報