御陵(読み)ごりょう

精選版 日本国語大辞典「御陵」の解説

ご‐りょう【御陵】

〘名〙 (「ご」は接頭語) 天皇、皇后、皇太后、太皇太后の墓。みささぎ。みはか。
※俳諧・泊船集(1698)一「後醍醐帝の御を拝む。御廟年を経てしのぶは何をしのぶ草」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の御陵の言及

【陵墓】より

…皇室典範第27条には〈天皇,皇后,太皇太后,皇太后を葬る所を陵,その他の皇族を葬る所を墓〉と定義する。(1)陵 〈みささぎ〉と読み,御陵(ごりよう),山陵(さんりよう)ともいわれ,各陵には陵名が付けられている。現在の陵は歴代天皇121名111陵のほかに,北朝の天皇,皇后,中宮,天皇または太上天皇の称号をおくられた者,皇后,皇太后,太皇太后の称号をおくられた者,神代3代など82名の74陵がある。…

※「御陵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android