頬桁が過ぎる(読み)ほおげたがすぎる

精選版 日本国語大辞典の解説

ほおげた【頬桁】 が 過(す)ぎる

おしゃべりがすぎる。口がすぎる。勝手なことを言いすぎる。
※浄瑠璃・心中万年草(1710)中「ヤア京々とやかましい、ほうげたがすぎる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる