コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭椎の大刀/頭槌の大刀 カブツチノタチ

デジタル大辞泉の解説

かぶつち‐の‐たち【椎の大刀/×槌の大刀】

古代の大刀の一。柄頭(つかがしら)塊状をしている大刀。かぶつちのつるぎ。くぶつちのたち。

くぶつち‐の‐たち【椎の大刀/×槌の大刀】

かぶつちのたち」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かぶつちのたち【頭椎の大刀】

古墳時代の刀剣の一。柄つかの頭に金銅や銀で作った塊状の中空の金具をつけた大刀。実戦用ではなく儀仗用か奉献用の大刀とされる。くぶつちのたち。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

頭椎の大刀/頭槌の大刀の関連キーワード古墳時代中空柄頭刀剣金銅