コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼み納め タノミオサメ

デジタル大辞泉の解説

たのみ‐おさめ〔‐をさめ〕【頼み納め】

江戸時代、質入れした田畑からの収穫全部を質取人が利得とし、質入人は高額の質金を得た代わりに年貢諸役を負担すること。幕府はこれを禁止した。らいのう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

頼み納めの関連キーワード江戸時代

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android