コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

額銘 ガクメイ

デジタル大辞泉の解説

がく‐めい【額銘】

大摺(おおす)り上げにすると刀の銘が消えてしまうため、茎(なかご)の銘の部分を短冊形に切り取り、新しい茎にはめこんだもの。短冊銘。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

がくめい【額銘】

大摺り上げの刀で、切り取った茎なかごに付いていた銘を短冊形に切り取って新しい茎にはめたもの。短冊銘。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android