コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短冊形 タンザクガタ

デジタル大辞泉の解説

たんざく‐がた【短冊形】

短冊のような細長い長方形

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

短冊形

長く伸びた状の結晶をいう表現で,斜長石などに使われる.lathは木摺(きずり)で,格子状に組んで塗り壁や屋根の下地にする薄く細長い木片をいう.日本語では短冊状が使われる.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

たんざくがた【短冊形】

短冊のような長方形のかたち。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

短冊形の関連キーワード十三湊(とさみなと)遺跡ディクリタキシティック沖縄県島尻郡渡名喜村ナーガラクルターガマ短冊・短籍・短尺水繊・水煎・水蟾ウェーファーカスドース大西[町]隙間ゲージ梅しぐれ短冊挟みオビムシスリップ阿蘇田楽短冊豆腐短冊切り打製石斧羽二重餅管朱引き

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

短冊形の関連情報