コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風の神送り カゼノカミオクリ

デジタル大辞泉の解説

かぜのかみ‐おくり【風の神送り】

江戸時代の風習で、風邪が流行したとき、風邪の疫病神に見立てたわら人形を作り、鉦(かね)や太鼓ではやしたてながら隣の町・村に送り出したり、川に流すなどしたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

風の神送り

古典落語の演目のひとつ。「風の神」「風邪化物」とも。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かぜのかみおくり【風の神送り】

風邪の神や悪疫・虫害を追い払う儀礼。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

風の神送りの関連キーワード古典落語江戸時代虫害悪疫儀礼

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android