コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疫病神 えきびょうがみ

3件 の用語解説(疫病神の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

疫病神
えきびょうがみ

厄病神ともいう。疫病を流行させる原因となる神。疫病神は御霊 (ごりょう) の一種と考えられ,村の外から侵入してくると思われていたところから,村境においてこれを防ぐための祭りと,追出す送りの行事が盛んに行われてきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やくびょう‐がみ〔ヤクビヤウ‐〕【疫病神】

疫病を流行させるという悪神。疫神。えやみのかみ。
よくないことを招くとして人から嫌われる者。「とんだ疫病神が舞い込んだ」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やくびょうがみ【疫病神】

疫病を流行させるという神。
災難をもたらすとして嫌われる人。 「 -が来たから家に帰ろう」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の疫病神の言及

【厄病神】より

…疫病や災厄をもたらすという神。行疫神,疫病神,疱瘡神なども同種の神である。疫病(エヤミ,トキノケと称した)などの災厄は古くは神のたたりや不業の死をとげた者の怨霊や御霊(ごりよう)のたたりと観念され,厄病神も御霊の一つの発現様式とみられていた。…

※「疫病神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

疫病神の関連キーワード奕・役・掖・易・液・疫・益・繹・腋・駅・驛海内松柏チェリー花菱厄・役・扼・疫・益・約・薬・藥・訳・譯・躍感染免疫出入国手続き

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

疫病神の関連情報