コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風棘 ふうきょくspina ventosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

風棘
ふうきょく
spina ventosa

手や足の指骨にみられる結核性病変で,小児に多い。患部は紡錘状に大きくはれ上がり,やがて骨の破壊が起るが,一方で新生骨が形成される。臨床的には良性結核に分類される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ふうきょく【風棘】

手足の指・中手骨・中足骨の結核性病変。骨が紡錘形にふくらんで刺すような痛みがある。現在ではほとんど見られない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

風棘の関連キーワード骨関節結核紡錘形中足骨中手骨

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android