風系(読み)ふうけい

大辞林 第三版の解説

ふうけい【風系】

大気の流れが継続して組織的な流れになっているもの。貿易風など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の風系の言及

【風】より

…例えばポアソン分布,ピアソンIV型分布,χ分布などがあるが,最近ではワイブル分布がよく適用されている。
【風系の種類】
 地球上の風は大規模のものから小規模のものまでさまざまな風系が複雑にからまっている。図10は1月と7月の平均した地上風の流れのもようをみると,風が太平洋を横断したり赤道を越えたりして別の気流と合体し,東西南北にかけて地球上をくまなくかけめぐっていることがわかる。…

※「風系」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風系の関連情報