コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛び飛び トビトビ

デジタル大辞泉の解説

とび‐とび【飛び飛び】

[形動][文][ナリ]
物が散在しているさま。「民家が飛び飛びにしかない」
連続しないで間があくさま。「ページが飛び飛びになっている」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とびとび【飛び飛び】

( 形動 )
(多く「とびとびに」の形で副詞的に用いる)
続いていないさま。中間が抜けているさま。 「本を-に読む」 「 -の記憶」 「スケジュールが-になる」
あちこちに散在しているさま。 「家が-にある」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飛び飛びの関連キーワード歩く玩具の仕組みバンド理論ラフリン伝い歩く有髄神経飛び紗綾伝い歩きページ飛青磁畳語略語石橋

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飛び飛びの関連情報