点点(読み)テンテン

デジタル大辞泉の解説

てん‐てん【点点】

[名](スル)
複数の点をいう語。「点点を打つ」
点線。
あちこちに点在していること。
「其間此処彼処に無数の山百合の―したるは」〈蘆花自然と人生
[ト・タル][文][形動タリ]
あちこちに散らばってあるさま。また、途切れながら続いているさま。「町の明かりが点点と見える」「足跡が点点と続く」
「―たる星の空の下に」〈長与青銅の基督
しずくがしたたりおちるさま。「点点としたたる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんてん【点点】

[0][3] ( 名 )
二つまたはそれ以上ある点。 「漁船が-に見える」
点線。 「細い道は-で表す」
[0] ( 副 )
あちこちに散らばっているさま。切れ切れに続いているさま。 「足跡が-と付いている」 「血痕が-と続いている」
しずくなどがしたたり落ちるさま。 「傷口から血が-としたたる」
[0] ( 形動タリ )
に同じ。 「落花-たるのみ/欺かざるの記 独歩

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

点点の関連情報