点点(読み)テンテン

デジタル大辞泉の解説

てん‐てん【点点】

[名](スル)
複数の点をいう語。「点点を打つ」
点線。
あちこちに点在していること。
「其間此処彼処に無数の山百合の―したるは」〈蘆花自然と人生
[ト・タル][文][形動タリ]
あちこちに散らばってあるさま。また、途切れながら続いているさま。「町の明かりが点点と見える」「足跡が点点と続く」
「―たる星の空の下に」〈長与青銅の基督
しずくがしたたりおちるさま。「点点としたたる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんてん【点点】

[0][3] ( 名 )
二つまたはそれ以上ある点。 「漁船が-に見える」
点線。 「細い道は-で表す」
[0] ( 副 )
あちこちに散らばっているさま。切れ切れに続いているさま。 「足跡が-と付いている」 「血痕が-と続いている」
しずくなどがしたたり落ちるさま。 「傷口から血が-としたたる」
[0] ( 形動タリ )
に同じ。 「落花-たるのみ/欺かざるの記 独歩

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

点点の関連情報