コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

点点 テンテン

デジタル大辞泉の解説

てん‐てん【点点】

[名](スル)
複数の点をいう語。「点点を打つ」
点線。
あちこちに点在していること。
「其間此処彼処に無数の山百合の―したるは」〈蘆花自然と人生
[ト・タル][文][形動タリ]
あちこちに散らばってあるさま。また、途切れながら続いているさま。「町の明かりが点点と見える」「足跡が点点と続く」
「―たる星の空の下に」〈長与・青銅の基督〉
しずくがしたたりおちるさま。「点点としたたる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てんてん【点点】

[0][3] ( 名 )
二つまたはそれ以上ある点。 「漁船が-に見える」
点線。 「細い道は-で表す」
[0] ( 副 )
あちこちに散らばっているさま。切れ切れに続いているさま。 「足跡が-と付いている」 「血痕が-と続いている」
しずくなどがしたたり落ちるさま。 「傷口から血が-としたたる」
[0] ( 形動タリ )
に同じ。 「落花-たるのみ/欺かざるの記 独歩

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

点点の関連キーワード典・填・塡・天・奠・展・店・恬・殿・添・点・甜・癲・篆・纏・転・轉・顛・顚・點ワン・ポイント・セーフルイ・ブライユブライユ石川倉次

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

点点の関連情報