馬端臨(読み)ばたんりん(英語表記)Ma Duan-lin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馬端臨
ばたんりん
Ma Duan-lin

中国,南宋末~元初の儒学者。江西省楽平の人。字は貴与。号は竹洲。南宋末期の右丞相馬廷鸞の子。初め朱子学を学び承事郎に補せられたが,宋滅亡後は元に仕えず,中国の古代から宋代までの諸制度を記した『文献通考』の大著を完成。のち仕官し慈湖,柯山 (かざん) の2書院長となった。『大学集録』『多識録』などの著書もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の馬端臨の言及

【文献通考】より

…中国の諸制度を集成した書物。宋末・元初の馬端臨の著。348巻。…

※「馬端臨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android