コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文献通考 ぶんけんつこう Weu-xian tong-kao; Wên-hsien t`ung-k`ao

5件 の用語解説(文献通考の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文献通考
ぶんけんつこう
Weu-xian tong-kao; Wên-hsien t`ung-k`ao

中国,古代から宋の嘉定末年 (1224) までの諸制度の沿革を記した書。宋末元初の馬端臨の著。 348巻。延祐4 (1317) 年完成。田賦,銭幣,戸口,職役,選挙,学校,職官,王礼,兵,刑,帝系,その他 24項目から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶんけんつうこう〔ブンケンツウカウ〕【文献通考】

中国の制度史書。348巻。の馬端臨撰。上古よりの寧宗までの典章・制度の沿革を論じたもの。三通の一。ぶんけんつこう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんけんつこう【文献通考 Wén xiàn tōng kǎo】

中国の諸制度を集成した書物。宋末・元初の馬端臨の著。348巻。元の延祐4年(1317)に成る。唐の杜佑が著した《通典(つてん)》の体裁にならい,太古から南宋までの歴代王朝の制度と沿革を24部門に分けて記述する。文献とは《論語》に由来する言葉で,文は典籍,献は賢人の意(朱熹(しゆき)(子)の注)。田賦から四裔に至る各部門ごとに,まず史実を叙述し(文),次に政治家や学者の議論を載せ(献),最後に著者自身の見解を加える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶんけんつうこう【文献通考】

〔「ぶんけんつこう」とも〕
中国の古代から南宋の寧宗までの制度文物に関する記録書。元の馬端臨ばたんりん撰。三四八巻。唐の杜佑とゆう撰「通典つてん」にならって編んだもので、「通志」とともに三通といわれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文献通考
ぶんけんつこう

「ぶんけんつうこう」とも読む。中国、宋(そう)末元(げん)初の馬端臨(ばたんりん)の著で348巻。元初年に成ったが、1322年の政府命令で刊行された。唐の杜佑(とゆう)の『通典(つてん)』、宋の鄭樵(ていしょう)の『通志(つうし)』とあわせて三通と称せられる。『通典』は礼に詳しく、『通志』は紀伝が大部分を占めるに対し、この書はもっぱら経済、制度について述べ、かつ前二者が唐代までの記述であるに対し、本書は南宋の寧宗(ねいそう)(在位1194~1224)代まで記述してあり、唐・宋の変革期を含む点がもっとも重要である。この続編として、清(しん)の乾隆(けんりゅう)帝欽定(きんてい)の『続文献通考』『皇朝続文献通考』の二書、および明(みん)の王圻(おうき)の『続文献通考』、清の劉錦藻(りゅうきんそう)の『皇朝続文献通考』がある。なお、参考書に京都大学東洋史研究会発行の『文献通考五種総目録』がある。[宮崎市定]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の文献通考の言及

【九通】より

…中国,書名に通の字を持つ9種類の制度中心の百科全書集。唐の杜佑(とゆう)の《通典(つてん)》,宋の鄭樵の《通志》,元の馬端臨の《文献通考》は,性格は違うが歴代の制度沿革を知るに有用な書で三通と呼ばれてきた。清の乾隆帝は1747年(乾隆12),67年にそれぞれ〈皇朝〉と〈欽定続〉の名を冠した《文献通考》《通典》《通志》6種を勅撰,これらが一括して九通といわれるが,実録,会典などにくらべ,二次史料的でかつ膨大なため,あまり使われない。…

【元】より

…在野の処士としてなしうるところは,わずかに著作によって制度を遺し,私塾教育によって学統を伝えるだけに限られよう。胡三省の《資治通鑑(しじつがん)》の注,馬端臨の《文献通考》は前者の偉大な業績であり,黄溍,戴表元の儒学は後者の労苦の末の成果だった。もっとも国家の教化いかんがその盛衰を左右するとみなす伝統的文化観の下にあっては,在野の学問はしょせんその枝葉にすぎない。…

※「文献通考」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

文献通考の関連キーワード経国大典十八史略周密張炎趙孟頫大戴礼遺民画家曽先之会要宋会要輯稿

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone