コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馴染み金 ナジミキン

デジタル大辞泉の解説

なじみ‐きん【×馴染み金】

遊里、特に吉原で、同一の遊女を揚げた客が3回目に祝儀として出す金。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なじみきん【馴染み金】

遊客が一人の遊女を三度目に揚げたときに出す祝儀の金。吉原では同じ遊女のもとに三度通ったときに初めて枕をかわす習慣であった。なお、一回目・二回目で祝儀金を出すこともあったが、それぞれ初会馴染み・裏馴染みと呼ばれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

馴染み金の関連キーワード裏馴染み遊里遊客

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android