コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駒落ち こまおち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駒落ち
こまおち

将棋,チェスなどで対局者に力量の差がある場合,上手 (うわて) の駒数を少くしてハンディキャップをつける。これを,駒を落すことから駒落ちという。 (→置碁 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こまおち【駒落ち】

将棋で、対戦する二人の力量に差がある場合、上手うわてがいくつかの駒を外すこと。飛車・角落ちなど。 ↔ 平手ひらて

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

駒落ちの関連キーワード手合割り・手合割駒割り・駒割一枚落ち手合割片駒駒割平手

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

駒落ちの関連情報