コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

騎射挟み物 キシャハサミモノ

大辞林 第三版の解説

きしゃはさみもの【騎射挟み物】

江戸時代、徳川吉宗が流鏑馬やぶさめを再興して称した語。的まとに挟み物を用いたことからいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

騎射挟み物の関連キーワード徳川吉宗江戸時代流鏑馬