コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流鏑馬 やぶさめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

流鏑馬
やぶさめ

ウマで走りながら鏑矢を射流して板的に射当てる競技。古くは『日本書紀』の天武9 (680) 年の条に長柄社における馬的射がみられ,平安時代に入ると宮廷行事として行われ,『新猿楽記』 (1057) に流鏑馬の名がみられる。武家時代には兵法の修練に取入れられ,特に鎌倉幕府の奨励により盛んとなった。戦国時代以降衰えたが,江戸時代の享保年間 (1716~36) に8代将軍吉宗の命により諸儀式とともに復興した。諸式に関しては小笠原,武田,三浦の3流派がある。競技は直線で2町 (約 218m) の馬場で行う。馬場にはさくりといわれる走路に低い柵を設け,それに沿って1尺8寸 (54.5cm) の角柾目ヒノキの的を設ける。射手は,5騎,7騎,10騎,12騎,16騎などがあり,綾藺 (あやい) 笠,水干 (あるいは直垂) ,太刀,箙 (えびら) ,沓 (くつ) を着けた狩装束で行う。矢は4枚羽,三目雁又の鏑矢を用いる。現在は,鶴岡八幡宮,宮崎神社などで儀式として行われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やぶさ‐め【流馬】

騎射の一。綾藺笠(あやいがさ)をかぶり、弓懸(ゆがけ)弓籠手(ゆごて)行縢(むかばき)を着けた狩り装束の射手が馬を走らせながら鏑矢(かぶらや)で木製方形の三つの的を射るもの。平安後期から鎌倉時代にかけて盛んに行われ、笠懸犬追物(いぬおうもの)とともに騎射三物(きしゃみつもの)の一。現在、鎌倉鶴岡八幡宮などの神事として残る。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

流鏑馬【やぶさめ】

疾走する馬上から鏑矢(かぶらや)を射流して的を射る競技。直線の馬場で,距離は120間(約220m)。的は1尺4寸(約50cm)四方の檜(ひのき)板を竹に挟んで地面に挿したもの。
→関連項目弓道端午馬術

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

流鏑馬

京都市上京区に本社を置く和菓子店、老松が製造・販売する和菓子。流鏑馬の射手の綾傘をモチーフとする平鍋物の焼菓子。北野風土菓のひとつ。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やぶさめ【流鏑馬】

騎射の一種で,馬場に並行して方板の的を数間おきに3個並べ,射手が馬場を馳せながらこれを射る。犬追物(いぬおうもの),笠懸(かさがけ)とともに騎射三物(きしやみつもの)と呼ばれ,中世武士の武芸鍛錬の代表的なものであった。矢は鏑矢(かぶらや)を用いた。射手は後世16~17騎ともいわれたが,必ずしも一定しない。その装束は一般に行縢(むかばき)に綾藺笠(あやいがさ)を着け,重籐(藤)(しげどう)の弓を持つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

やぶさめ【流鏑馬】

騎射の一。方形の板を串にはさんで立てた三つの的を、馬に乗って走りながら順々に鏑かぶら矢で射るもの。平安末から鎌倉時代にかけて盛んに行われ、しばしば神社に奉納された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

流鏑馬
やぶさめ

馬を走らせながら、雁股(かりまた)をつけた鏑矢(かぶらや)で三つの的を順次射る射技。その名は「矢馳せ馬(やばせめ)」の転訛(てんか)という。1096年(永長1)4月には白河(しらかわ)上皇臨席のもとに鳥羽(とば)殿の馬場で、同年5月には高陽院で催されており、当時京洛(けいらく)の武者たちの間に普及していたことがうかがわれる。ついで鎌倉時代に入ると、将軍源頼朝(よりとも)の奨励と法式の統一化もあって、鎌倉の地でも盛んになった。一方、早くから祭礼、神事とも結び付き、城南寺祭や新日吉(ひえ)社の五月会(さつきえ)、鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)放生会(ほうじょうえ)などでも12世紀中には恒例化して奉納されている。また、たとえば肥前国河上宮(かわかみぐう)でも、1162年(応保2)には5、8月の神事流鏑馬が中絶している記録もあり(『平安遺文』)、地方でも神事との結び付きは意外に早かったことがうかがわれる。そしてしだいにこの神事の流鏑馬が本流となっていった。
 おもに室町時代の故実書によると、長さ約218メートル(2町)の馬場に、的串(まとぐし)にさした約54.5センチメートル四方の檜(ひのき)板の的を、馬の出発点から約36.4メートル(20間)、72.7メートル(40間)、同じく72.7メートルの間隔で3本立てる。当初は的を役人が持っていたが、のちには馬の走る「さぐり」から数メートル離して地面に差し立てた。鶴岡八幡宮放生会の流鏑馬で、射手より地位が低いと思った熊谷直実(くまがいなおざね)が、この的立の役を拒否した話は有名である(『吾妻鏡(あづまかがみ)』)。
 射手装束は、普通、水干(すいかん)に射籠手(いごて)、手袋、行縢(むかばき)、物射沓(ものいぐつ)を着し、烏帽子(えぼし)の上に綾藺笠(あやいがさ)をかぶり、太刀(たち)、腰刀を帯して箙(えびら)を負う。員数は数騎から十数騎まで一定していない。流鏑馬は鎌倉時代を最盛期に以後武士の間では衰退するが、江戸時代に至って、8代将軍徳川吉宗(よしむね)が古記録などをもとに再興して小笠原(おがさわら)家に伝え、その法式は新儀流鏑馬とよばれ、今日も新宿区無形文化財に指定されて継承している。また、毎年9月16日に古式にのっとって奉納される鶴岡八幡宮の流鏑馬も著名である。このほか、各地には本来の姿とはかなり変化した形で伝わっているものも少なくない。[宮崎隆旨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

流鏑馬の関連情報