コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨粗しょう症 こつそしょうしょう

生活習慣病用語辞典の解説

骨粗しょう症

骨がスポンジのようにすかすかになる状態のことです。では古い骨を溶かし破壊する「骨の吸収」と、新しい骨を作る「骨の形成」のサイクルを繰り返し常に骨が再構築 (リモデリング) されています。このバランスは、ホルモン・ビタミン D・カルシウム・機械的刺激などにより維持され、この代謝バランスが崩れると、骨密度骨量が減少し骨粗鬆症になります。

出典 あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)生活習慣病用語辞典について 情報

骨粗しょう症の関連キーワード閉経後骨粗しょう(鬆)症カドミウム破骨細胞卵巣摘除ヤセボ骨吸収

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

骨粗しょう症の関連情報