高倉山(読み)たかくらやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「高倉山」の解説

高倉山
たかくらやま

兵庫県神戸市須磨区山手にあった標高 291mの山。 1961年から市の海浜埋立て用土砂 4000万m3が採取され,山は 140m切下げられた。現在その跡地は大規模な市営住宅団地 (高倉台団地) になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「高倉山」の解説

たかくら‐やま【高倉山】

[一] 岡山県高梁市にある山。
[二] 岡山県津山市にある山地。
[三] 岩手県北西部、岩手山西南方の山。標高一四〇九メートル。
[四] 奈良県宇陀郡大宇陀町にある山。標高四四〇メートル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android