コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山手 やまて

10件 の用語解説(山手の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山手
やまて

岡山県南部,総社市南東部の旧村域。岡山平野北西部に位置する。 2005年総社市,清音村と合体し総社市となった。農業が主産業で,イネのほかセロリー,果樹,イグサを栽培。近年近郊型農業を行なう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

山手
やまて

(1) 鎌倉~室町時代荘園領主らが関所で通行人や貨物に賦課,徴収した一種の通行税。 (2) 江戸時代小物成の一種。山林原野の用益の代償として課された雑税の一種。 (3) 入会山の地元の村落,個人が,入会者より徴収した豆,ひえ,米などの入会料。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やま‐て【山手】

山よりの土地。山のほう。やまのて。⇔海手(うみて)
中世、山中や陸路に関所を設けて、通行人から徴収した税。→川手1
江戸時代、領主の山林から薪などを採取する代償として村に賦課された税。山手米。山手永。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山手【やまのて】

下町

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

やまて【山手】

古代~近世の入山料の称。11世紀末ごろより,寺院など荘園領主の所有する山野から薪や落葉などを採取する代償として課税されたもの。南北朝期になると〈津料と号し,山手河手を取る〉〈津々関々山手河手〉のように,河手津料などと同様通行税(一種の関銭)として徴収された。近世になると山手米,あるいは山手米永として領主や寺社領などの持山への入会(いりあい)料として,村方から上納する米銭である小物成(こものなり)の一つとなった。

やまのて【山手】

都市が台地と低地にまたがって成立する場合,低地の下町(したまち)に対して台地部を〈山の方〉という意味で山手という。東京では〈やまのて〉,横浜や神戸では〈やまて〉という。東京の山手は武蔵野台地東端にあたる山手台地(本郷台,淀橋台)を指すが,その西限は1885年の日本鉄道赤羽~新宿~品川間(現,JR山手線,埼京線の一部)が開通して,その路線の内側が目安となった。山手台地は標高20~35m,低地部との比高は大部分が10~20mで,主として神田川水系と古川水系の谷が樹枝状の谷を刻んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やまて【山手】

山の方。高台の方。 ↔ 海手
山に関所を設けて通行人から徴収した税。
江戸時代、領主の所有山林から薪・秣まぐさなどをとる代償として村方に課せられた税。

やまて【山手】

横浜市中区にある町名。港の見える丘公園や外人墓地がある。文教地区。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山手の言及

【下町】より

…広義には都市の低いほうにある町をいうことばで,高台を指す山手の対語である。東京(江戸)では京橋,日本橋から神田,下谷,浅草方面に町家が多く,人口の密集した地域が低地にあったことから,狭義にはこの地域を指す。…

【東京[都]】より

… 廃藩置県後,政府や東京府は旧諸藩邸を接収して官・軍用地にあて,また富国強兵・殖産興業の方針のもとで官営工場を設立するとともに,陸・海軍省所管の軍事工場や軍事施設も設置していった。他方,近代都市をめざして鉄道網も整備され,83年には現東北本線の一部が開業して上野が東北方面への玄関となり,85年には東海道本線との連絡を目的として現山手線の一部が開業,1925年に環状運転されるようになった。市街地改造論や築港問題も政府や東京府関係者の間で検討され,そうした動きは,1888年以降の東京市区改正事業として,道路(鉄道馬車の普及に伴う道路の舗装と拡張),水道(木管水道から鉄管水道への改良)の整備に結びついた。…

※「山手」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山手の関連キーワード山田町山手町七高山山冠山隈山偏山下町山根山屋メール[山]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山手の関連情報