高安 雄太郎(読み)タカヤス ユウタロウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成「高安 雄太郎」の解説

高安 雄太郎
タカヤス ユウタロウ


職業
狂言師(大蔵流)

経歴
16歳で父と共に初めて芝公園能楽堂に立つ。のち教育界に入り、東京の浅草学校で16年間教鞭を執った。

没年月日
明治39年 12月8日 (1906年)

家族
父=高安 勘左衛門(大蔵流家元)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android