コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高指(し)値注文 タカサシネチュウモン

デジタル大辞泉の解説

たかさしね‐ちゅうもん【高指(し)値注文】

株や商品取引などで、顧客が、高い値を指定して買い注文をすること。短期売買で相場全体が上昇しているような場合、指し値で取引できないことが予想されるようなときに、強気な取引として行われる。また、この取引は相場操縦につながる懸念がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android