魚子織・斜子織(読み)ななこおり

精選版 日本国語大辞典の解説

ななこ‐おり【魚子織・斜子織】

〘名〙 絹織物の一種。経(たていと)、緯(よこいと)ともに二本以上の織り糸をひきそろえて織り、こまかい方形の織り目が魚の卵のようにつぶだって見える。地合が厚く、主として男子の紋付羽織や帯にする。ななこ。
※俳諧・富士石(1679)三「露をまく草の袂(たもと)や七子織〈調珉子〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android