コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地合(い) ジアイ

デジタル大辞泉の解説

じ‐あい〔ヂあひ〕【地合(い)】

布地の品質。布の地質。また、布地。
義太夫節で、詞(ことば)以外の描写的な部分。旋律をつけて語る。地。
取引市場で、人気や雰囲気からみた相場の状態。場味。
囲碁で、対局途中での双方の占める地の割合。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の地合(い)の言及

【義太夫節】より

…訛るのを嫌って,江戸後期の大坂アクセントで語るのを原則としている。 一曲を大別すると,旋律をつけずに語る詞(ことば)と,旋律をつけて語る地(地合(じあい))になる。詞はせりふに相当する部分が主体となっているが,大序の冒頭で語られる序詞(じよことば)のような地の詞章もあるし,三味線を用い,ノリ間で語る〈詞ノリ〉などもある。…

【地】より

…また,八拍子(やつびようし)の構造における拍節上の単位を,その拍数によって本地(8拍),トリ地(4拍),片地(一地とも,6拍),オクリ地(2拍)などという。そして義太夫節では,もっとも本来的な音楽様式と考えられる地合(じあい)の略称として用いることがある。以上述べたような地と共通する音楽構造は,この語をとくに持たない分野にも認められる場合がある。…

※「地合(い)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報