コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魯王墓石人 ろおうぼせきじんLu-wang-mu-shi-ren

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

魯王墓石人
ろおうぼせきじん
Lu-wang-mu-shi-ren

中国,山東省曲阜の孔子廟にある2体の石人彫刻。もとは曲阜の南東 2.5kmの魯王墓の前にあったという。石灰岩製で,1つは戟 (げき) を持って立ち (高さ 2.3m) ,別の1つは手を組み剣を着けて立つ (高さ 2.5m) 。後漢末の作品とされている。中国における仏像以前の貴重な石彫遺品。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android