コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮎河菜(あいがな)

デジタル大辞泉プラスの解説

鮎河菜(あいがな)

滋賀県甲賀市で生産される葉物野菜。菜の花よりやや大型の漬け菜で、同市の土山町鮎河地区で大正期から栽培されている在来種。「鮎河水菜」とも呼ばれる。漬物や油炒めなどにして食する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

鮎河菜(あいがな)の関連キーワード滋賀県甲賀市

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android